肉を食べない生活を始めてみたら(1)~プチ断肉して一週間


 
こんにちは。プロ真顔ニストの大西祐次郎です。
 
 
実は最近…、というかここ一週間ですが、

肉を食べていません。

断肉ってやつです。
 
 
なぜそんなことをしているかって?
 
 
はい、いつもの思い付きです。

過去にも断酒したりファスティングしたりしてきました。

人生、体が資本なので、健康になるという情報を聞くとついやってみたくなります。

体を張った実験をするのも好きなんです。
 
 

今回は、『肉を食べない生活をすると体にどのような変化が起こるのか』検証してみたいと思います。
 
 

「肉を食べない」ことのメリット

 
野菜ダイエット  
肉を食べないと以下のようなメリットがあると言われています。
 
・疲れにくくなる
 食べた肉を体が消化するには、野菜を消化するよりもエネルギーを使うそうです。
 そのため、肉を食べるだけで体に負担がかかるそうです。
 
・不安や心の乱れが少なくなる
 肉をたくさん食べると体が酸性体質になるため怒りっぽくなりやすいと言われています。
 
・食費が安くなる
 近頃は野菜も高いですが、やはり牛肉などは高価です。
 
・体臭・排泄物のにおいが臭くなくなる
 肉は腸内の悪玉菌を増やします。
 それにより腸内環境が乱れると体臭や便が臭くなります。
 野菜などの食物繊維は腸内環境を整えてくれるため、便や体臭が少なくなります。
 
・肌がきれいになり、髪の毛が増える
 ビタミンや食物繊維が豊富な野菜を中心とした食生活を送ることは、肌や髪の毛によいとされています。
 
 

「肉を食べない」ことのデメリット

 
 
肉を食べないと以下のようなデメリットがあると考えられます。
 
・友人や家族とレストランなどに行く時、気を遣わせてしまう
 友人宅に行ったりパーティーなどでは肉料理がメインになることが多いです。
 
・日本ではまだまだベジ志向が薄い
 まったく肉を食べないとなると、お店やメニューにかなり制約ができます。
 
・肉断ちはしたものの、やはり肉料理に惹かれる。
 体が自然に肉を求めなくなるまでは我慢も必要ですが、それにストレスを感じるようだと精神衛生上よくありません。
 
・栄養的にバランスがとりづらい。
 肉の代わりとなる栄養をしっかりとらないと栄養不足になります。
 
 

一週間の体や心境の変化

 
肉断ちから一週間。上記のメリットとデメリットについての考察です。
 
疲れにくくなる?

これは実感しています。

不思議と体が軽いです。痩せたせいなのかもしれませんが。(体重は1週間で2キロほど減りました)
 
 
朝の目覚めと体調がいいです。
 
心の乱れが少なくなる?
 
これはどうでしょうか?

相変わらず、イラつかせる奴らに心の中で「死ね!!」と言っています。
 
 
一週間くらいでは変化は実感できていません。
 
食費が安くなる?
 
たしかに肉は高いですが、家族が食べているのであまり変わりません。

肉以外の外食だと、刺身や蕎麦などは高いのでそれほど実感できません。
 
体臭が少なくなる?
 
今、耳の後ろを指でこすって嗅いでみましたが、驚くほど臭いです。

息を手に吐きかけて嗅いでみましたが、充分臭いです。
 
肌や髪に良い?
 
肌つやは良くなってきたように思います。気のせいかもしれません。

髪の毛は相変わらずスカスカしています。抜け毛も変わらず続いています。気のせいであってほしいです。
 
 

現代人は肉を食べ過ぎ

 
 
肉を食べた方がいいかどうかは人種にもよるそうです。

そもそも欧米人と日本人では消化器官の作りが違います。

昔から穀物や魚で生活してきた日本人の体には、欧米化した今の日本の食文化は体質的に合わないと言われています。

ただ、少なくとも現代の日本人は必要以上に肉を摂り過ぎています。
 
外食なんて馬鹿みたいに肉、肉、肉、肉…と推してきます。
 
肉で摂れる栄養は、豆や魚からでも十分摂れると言われています。
 
 

断肉、一週間の感想

 
まだ一週間ではそれほど変化は実感できません。
 
肉を食べなくなって  
ただ体重は減ります。

ダイエットしたい方は食べる量を減らすよりも肉を減らす方が楽でいいかもしれません。

肉料理は脂分も多くなりがちです。
 
 
体調はすこぶるいいです。

ここしばらく疲れが溜まって取れなかったのですが、かなり楽になりました。
 
肉を食べなくなったら体調がいい  
一日中働いても疲れにくいように思います。


とはいっても、まだ一週間ですので1ヶ月くらいしたらまた報告したいと思います。
 

(つづく)

The following two tabs change content below.

大西 祐次郎

プロ真顔ニスト、真顔評論家、真顔ニスト講師、真顔アーティストなど、さまざま真顔活動を通して真顔を広める。 真顔で世界を変えるべく、日々真顔の研究を続けている。