42歳オッサンが泥になるまで飲んでみた…。


8月下旬。

信州の短い夏も終わり、風は初秋の香り。

 

夏の最後の思い出作りは子供たちだけではない。

オッサンたちもオッサンなりにオッサンの夏を締めくくりたい。

 

ということで企画したのが、

『耐久飲み会~オッサンが泥になるまで飲んでみた!』

 

メンバーは厄年のオッサン二人。

平日にわざわざ休みを取り、昼間から飲む。

 

まずは家の庭で外飲みスタート。

 


 

水曜日の昼下がり。
家事に勤しむ、近所の奥様達の冷たい目線をよそに、陽気に乾杯!

明るいうちから飲むビールはどうしてこうも旨いのか。

(ちなみに一人は、ここ三カ月禁酒しており、ひさびさのアルコール)

 

開始2時間。

ちょっとした飲み会ならそろそろお開きにする頃だ。
順調に飲み進める。

 


 

だいぶ酔いが回ってきたのか、声もデカい。

 

開始4時間。

残暑に耐え切れず、室内へ。

ちょうど甲子園の決勝戦が行われている。


健全な球児の、汗と涙が流れ落ちるのを眺めながら、

不健全なオヤジ達が、酒と脂を流し込む。

 

もうどれくらい缶やビンを空けたか分からない。

 

開始から6時間。

場所を変え、近所の店に移動する。

信州最強のラーメンチェーン「テンホウ」。


 

自慢の餃子をつまみに生ビールを流し込む。

餃子がうまい。

 


 

さらに追加。

餃子が止まらない。

生ビールも止まらない。

毒舌も止まらない。

 

開始8時間。

4次会と称し、コンビニで買い飲み。

いい年したオッサンたちが店前に座り込み冷酒をあおる。

家の近所のコンビニで。

 


 

すでに泥になりかけている。

 

開始10時間。

歩き飲み開始。

田舎の農道は真っ暗だ。

 


 

気が付けば一人が側溝に顔を出し、リバースしている?

もはや泥だ。

 


 

車に轢かれても不思議ではない。

 

開始11時間にして、タオル投入。

やはりミドルにはこれが限界…。


本当はこのあと河原で焚火をしながら夜を明かす予定だったが、たどり着けず…。

 

リベンジを誓った。

 

久しぶりに飲んだ酒は旨いというよりキツかった。

ビールの5%でもキツい。

そしてやはり次の日、恐ろしいほど体がダルイ…。

体に力が入らない。

 

酒はほどほどに…。

身をもって実証できた。