お城近くの隠れ家的酒場『我寧舎~がねいしゃ~』で語り飲み。そして九死に一生を得た伝説の男


 
暑い夏の夕暮れ、まだ明るいうちからチョイ飲み。

今日訪れたのは、松本市城東。
 
がねいしゃ  
 
お城の総堀脇にあるカレーとアジアン料理のお店「がねいしゃ」…

ではなく、その2階にある居酒屋「我寧舎」
 
がねいしゃの2階、我寧舎  
 
ここのマスターは元木良一郎さん(良さん)。

下の「がねいしゃ」はその息子さん夫婦が営んでいます。
 
 
下のお店はランチ、そして夜も飲めるお店ですが、2階は良さんがお孫さんの子守がてら、

小じんまり、ゆったりやってるアットホームな酒場。
 
がねいしゃの元木さん  
 
良さんの隠れ家であり、お孫さんの遊び場のような雰囲気。

とっても落ち着くし、和みます。

まずは生ビールで夕日見ながら乾杯!
 
まずは生ビールで  
 
他にも北海道出身の良さんこだわりの瓶ビールや缶ビール「サッポロクラシック」「サッポロラガービール」「黒ラベル」など。
 
 
 
料理は下の「がねいしゃ」さんのメニューが食べられます。
 
がねいしゃのメニュー  
 

パクチーオムレツと生春巻き
パクチーオムレツと生春巻き
 
ナンカレーピザ
ナンカレーピザ
 
人気メニューのカオマンガイ
人気メニューのカオマンガイ
 
昭和のレコードや平凡パンチなど雑誌のコレクションも見ていて楽しい。
 
懐かしレコード  
平凡パンチ  
 
そして懐かしいLPをかけて踊ったりしちゃう!
 
懐かしいビートルズで踊ろう  
 

飲み仲間との出会いと語り

 
この後合流したのは、陸上自衛隊に勤務しているアイアンマン、木下貴光さんと、

松本市内で「まんま」というランチのお店を営業している片寄久美さん。
 
がねいしゃでの出会い  
 
この二人と飲むのは初めて。

いったいどんな話題が飛び出すのやら。
 
 

奇跡の男・木下貴光

 
現役自衛隊員である木下さんはその昔、あの習志野の第一空挺団に所属していました。

第一空挺団といえば泣く子も黙る自衛隊の精鋭部隊。

落下傘でヘリコプターや輸送機から落下傘降下し作戦行動をとることが主な目的です。
 
現役自衛隊員  
 
その落下傘の降下演習で、なんと木下氏。

パラシュートが装備に絡まり、完全に開かないというトラブルになったのです。

予備のパラシュートを出すものの、それもメインに絡まり、にっちもさっちもいかない状態。

後はただ落ちるだけ。

できることは少しでも衝撃が少なくなる場所を見つけ、足から順に受け身をとるだけ…。


結果、全身骨折したものの、命は助かり、今ここにいる…。

なんという生物…、いや人物。
 
木下貴光  
 
このような事故に遭っても生きているのは、きっと見た目通り、宇宙人なんでしょう。


人とゆっくり語り、まったりできる、隠れ家的酒場。

良さんの人柄が染み込んだ、とても温かくホッとできる空間です。
 
がねいしゃで一杯飲む  
 
今宵も良い酔ひで!
 
 
我寧舎(がねいしゃ)
所在地 長野県松本市城東2-1-3