おごってもらいやすい人、おごってもらいにくい人。


 

日本人が下手なこと


 

日本人、特に男性、特にオッサンって、本当に気持ちが悪いですよね…。

いや失礼。

気持ちが弱いですよね。

 

気持ちが弱いというより気持ちを表せていない人ばかりです。

 
 

具体的にいうと、人とコミュニケーションをとる時のリアクションが薄過ぎる。

 

『へー』

『あ、そう』

『うん、おいしい』



死ぬほど詰まらない反応のオンパレードです。

 

表情なんてほとんど変わらない人ばかり。

 
疲れと体臭
 

男子たる者、笑わない、驚かない、泣かない、などと思っているのでしょうか。

 

侍の時代ならいざしらず、今の時代ではただの気持ち悪い…、いや、つまらないオッサンです。

 
 

リアクションを大きくしよう!


 

美味しいものを食べたら

『美味いっ!!!』

驚いたら

『ええぇぇぇ~~~っ!!!』

大袈裟なくらい言いましょう。
 
 

リアクションが大きいひとは得をします。
 
『コレかわいいぃ~~~~!!』

『ヤバっ!うま過ぎいぃ~~~~!!』

ってウザイくらい言います。

 

そうすると自然に場が盛り上がるし、自分のテンションも上がります。

 

周りの人たちも楽しくなります。
 
 

大袈裟な人が得をする

 
たとえわざとらしくても、反応が薄い人より反応が大きい人に好感を持ちます。

ご馳走しても、「おいし~~!!!」って言ってくれた方がご馳走し甲斐があります。

そうすればまたご飯に連れて行ってあげようなかな、って気分になりますよね。

自分にいいことが増える。周りも明るくなる。人間関係も上手くいく!

大袈裟っていいことだらけです。
 
食べて 痩せる ダイエット  
世のオッサン方、頭の毛は薄くなるばかりです。

せめてリアクションは薄くせず、濃い~くしていきましょう!

 

それだけで、世の中大体のことは楽しくなりますよ!