手間暇かけた鶏白湯スープに自家製麺が絶品!「ラーメンいっこく(安曇野市明科)」


 
ずっと気になっていた明科のラーメン屋さん「ラーメンいっこく」さんに行ってきました!
 
ラーメン いっこく  
いつもツイッターでは見させていただいていたのですが、なかなかこちらに足を運ぶことができず、やっとこの日念願が叶いました。
  
  

場所は明科・国道19号沿い

  
松本方面から行くと光橋の交差点を少し過ぎた左側。

白馬方面から来るときは反対車線側ですが、どちらからも大きな看板が目に入ります。

駐車場は広くゆったりと停められます。

行ったときはまだ11時25分。

11時30分の開店まで少し車で待っていると、お辞儀しながらお店の方が出て来て
看板とのれんを準備しだしました。

車から出て挨拶をすると、

「いつもツイッターで見ています!」と逆に声を掛けて頂き恐縮でした^^

こういう時にSNSで繋がっている喜びを感じます。
 
 

入店

 
券売機に立つと、びっくり!

中華そばから、鶏鰹、背脂煮干、味噌中華、とんこつ、まぜそば…

 
あらゆるジャンルのボタンが…。

これはどうしたものか?

お店の方におすすめを聞くと

「店主イチオシは鶏白湯です」と優しく教えてくださいました。

 
ではそれで!
 
 
お店は広く、テーブル席二つにカウンター、小上がりの座敷まであり、小さいお子様連れでも落ち着いて食べられます。
 
 

自慢の鶏白湯

 
2~3分で早々に着丼。
 
 
見た目は白濁しておりトロっとした鶏白湯スープ。

そこにチンゲン菜の緑、スライス玉ネギの白、糸唐辛子の赤、半熟煮卵ととても鮮やかな彩り。

そして店内ポップにも説明があったレアチャーシュー。
 
 
スープを飲んでみる。

マイルドでクリーミー。鶏の旨味が凝縮。

まったりとして上品な味わい。


そして自家製麺。
 
 
 
細目のストレートで全粒粉独特の粒粒が中に見えます。

舌触りもよく、口の中に小麦の風味が広がります。

コシがあり、スープも良く絡み相性抜群です。

麺自体がおいしいので、今回大盛りにして大正解!
 
 

レアチャーシュー

 
店内に説明書きが張ってありました。
 

当店ののレアチャーシューは、国の食肉加工のの加熱殺菌の基準をクリアし、豚肉が固くならない温度で低温調理をしております。(松本食品衛生検査所検査済)

また、低温調理の際、肉を真空調理しております。

これにより、豚肉の持つ旨味のつまった肉汁をほとんど逃すことなく、色鮮やかに柔らかく仕上げることが出来ました。

 
 
まさにトロットロ。
とろけるおいしいさ。

これは絶品。

大盛りだったからか三枚も入っていました。
 
 

とにかくおいしい!そして…

 
食べて貰えばわかりますが、とにかく完成された素晴らしいラーメンです。

スープ、麺、具、どれもが僕好み。
 
 
ちょっとマジでビックリしましたね。
こんなに自分にドンピシャりなラーメンがあるとは。


少しお伺いしてみると(店内ポップにも説明がありましが)、どうやら滋賀でラーメン屋さんをされていたのだとか。

その時から人気でしたが、立地の関係などから長野県に移転し、南浅間、そしてこの明科へたどり着いたそうです。

お店の皆さん関西訛りで、とても優しく温和な応対。

他のお客様との会話を聞いていても人の好さ滲み出ていました。
 
 
味も人柄も絶品!

文句のつけようもない最高のラーメン屋さんです。
 
 
手間暇かかる自家製麺にスープ、数に限りがありますので早めに行かれてほうがいいですよ!
 
 
◎動画でもご覧ください↓↓
 




 
ラーメン いっこく
所在地 長野県安曇野市明科光204-1