ご存じですか?本当に自分に似合う「色」


「また同じような色ね…」

自分で選んだ服を見て家人が言う。
 
 
クローゼットの中をのぞくと、たしかに今買ってきたばかりの青いシャツと同じようなシャツが並んでいる。

ネクタイも青系やグレー系ばかり…。

好きかと言えば好きだ。無難といえば無難かもしれないが

自分なりにブルーやグレーしか似合わないと思っていたというのもある。
 
 
しかし、自分で好きな色や似合うと思っている色と、本当に自分に似合う色というのはどうやら別らしい。
 
 
「パーソナルカラー」という言葉が近年、注目されている。

人それぞれ個性があるように、似合う色も人それぞれ違う。

本当に似合う色を身に着けると、顔全体が驚くほど健康的に美しく、カッコよく見え、第一印象がとても良くなるのだ。
逆に、そうでない色を身につけると…言わずもがな。
 
 
特に第一印象が大事なビジネスマンや就職活動での面接、また合コンなど…。

身につける色で人に与える印象が180度変わるという。

現に、政治家やタレント、見た目の印象が大事な職種の方は、驚くほど服やネクタイなどの色に気を遣っている…いや、戦略的にカラーを駆使している。

有名な話では、1961年のアメリカ大統領選挙。
 
 

パーソナルカラーはイメージ戦略のテクニック

 
 
ジョン・F・ケネディ氏は、選挙活動の際にパーソナルカラーを活用し、濃い色のスーツを着用していた。


なぜなら、当時、テレビは白黒の時代。
彼はテレビに映ることを想定し、力強く見せるために濃い色のスーツを選んでいたとのこと。

対して、現職副大統領のニクソン氏は、薄い色のスーツ。

ふたりの演説の様子が白黒のテレビで流れると、一目瞭然。


濃い色のスーツであるケネディ氏は、力強く頼りがいのある印象。
薄い色のスーツであるニクソン氏は、頼りなくぼんやりとした印象。

結果、国を引っ張っていってくれる頼もしいリーダー的好印象を民衆に与えることが出来たケネディ氏が勝利した。


そもそも、パーソナルカラーの走りは男性の色彩戦術。
イメージ戦略のテクニックの一つだ。
ということで、今回は松本市、安曇野市、塩尻市などを中心にパーソナルカラー診断をしている、パーソナルカラーコンサルタントのあかざわみゆきさんに、真顔ミドルのカラー診断をしてもらった。
 
 

パーソナルカラー診断の方法

 
 
数十色のカラードレープ(色布)を使用し、顔近くに当てて客観的に生まれ持った素肌を活かす色を診断。

それに合うカラーコーディネートのアドバイスをしてくれる。

十二単ではない

また、「あなたには赤が似合います」「あなたには赤は似合いません」というような単純な考え方ではなく、「赤ならこのような赤が似合います」というように、ひとつの色を細分化して説明してくれるのだ。

これまでは「赤」いえば「赤」、というふうに一つしかイメージできなかったが、鮮やかな赤から渋い赤まで明度や彩度で実に様々。
勉強になる。

自分は「イエローベースのオータムカラー」タイプという診断を受けた。
 
 
オータムカラーとは、

華やかさやリッチ感、ゴージャス感、知性を感じさせる物腰、そして実年齢よりも落ち着いて見えるイメージだそうだ。

基本色としては、深みのある暖かな黄味系のカラーが似合う。

ゴールド色の時計やアクセサリーを違和感なく付けられる人。
民族系やウッディ系のアクセサリーも似合う。
ベルトや靴は茶系のレザーがおすすめ。
革ジャンも黒ではなく茶系がおすすめ。

だとか。


 
イエローベース??
今まで選ぶことはほぼ無かった。

意外だった半面、実際にその色を合わせてみると納得。

最近では服選びの時に、診断時にもらったカラーカードを携帯し、色を選ぶ時に参考にしている。


仕事でも、落ち着いたイメージが大切な役職と年齢。

最近は信頼感を持ってもらえたのか、社内でも社外でもいろいろな相談を受けることが増えた。


ありのままの自分に似合う「パーソナルカラー」

まだ自分の色をご存じないのであれば、一度パーソナルカラー診断を受けることをおすすめする。

一瞬で判断される現代のコミュニケーションにおいて、「色」を駆使することは今や常識なのかもしれない。

松本市、安曇野市、塩尻市近隣でパーソナルカラー診断をご希望の方は下記まで。

松本市 パーソナルカラー診断 あかざわみゆき | 似合う色を身に付けると、自分に自信が持てますね