40代必見!人生が劇的に楽しくなる10の方法|毎日がこんなに輝くなんて!


 
中年世代は悩み多き世代です。

ややもすれば、人生の行く末がなんとなく見え出し

毎日をただ機械的に過ごしがち…。
 
人生を楽しむ  
家庭を養うため、親の面倒を見るため…と自分を戒め、

「まあ平和に暮らせればそれが一番」と平凡な毎日に浸かってしまったり…。

でも本当にそれでいいのでしょうか?
 
 
仕事はもちろん大切だし。

家族を守ることも大事。

もちろんお金だってある程度は必要。
 
 
では自分は?

守るモノの代償に自分の輝きを失っていませんか?

なりふり構わず楽しめるのは若いうちだけだと思っていませんか?
 
 
たった一度の人生。
遅くはありません。
 
 
このサイトの管理人である筆者も一年前までは、毎日、死んだような目をして過ごしていました。

ですが、自分の思考を変えてからは驚くほど毎日が楽しく様変わりしたのです。
 
 
ここでは、
『最近、なんとなく毎日がつまらないな…』と感じ始めている中年世代のために、 
 
 
筆者が実践した
 
人生が劇的に楽しくなる方法を紹介いたします。
 


 

人生が劇的に楽しくなる10の方法

 
1.SNSで毎日発信する。
 
今はFacebookやTwitter、インスタグラムといった情報共有ツールがあります。
こんなに便利なモノはありません。
 
ただ見るだけでなく自分から積極的に投稿してみましょう。
 
最初は何でもいいのです。
 
綺麗だなと思った風景。
 
 
おいしかった料理。

楽しかった旅行…。
 
 
そういった写真をただ投稿するだけ。
 
友達が見てくれて「いいね」と反応してくれる。
たったそれだけで、急に毎日が楽しくなります。
 
 
2.自分の写真を投稿をする。
 
SNS投稿に慣れてきたら、自分の写った写真を投稿してみましょう。
自撮り写真をアップするのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、Facebookならそもそも顔写真入りのプロフィールが基本です。
 
 
今は多くの人が自撮り写真をアップしているので時代なので、まったく気にすることはありません。
最初は友達や家族と写った写真でもいいですし、アプリで「盛った」写真でもいいでしょう。
 
自身の入った写真は思いのほか、友達が好反応をしてくれます。
 
 
コメントなどももらいやすく、ますますSNSが楽しくなるはずです。
 
 
3.サークルやグループに入る。
 
Facebookなどをやってると、さまざまなグループがあります。
 
同じ趣味、地域などで繋がったり、もっとユルいSNS上のコミュニティも。
 
同じグループだというだけで急に親近感が沸き、
個人投稿だけよりもグッと楽しみが増すはずです。
 
 
4.イベントに出かける。
 
グループなどで交流をしているとイベントに招待されることもあります。
 
いわゆるオフ会ですが、他にもさまざまなワークショップや講座、マーケットイベント、飲み会などたくさんあります。
 
 
ぜひ積極的に出掛けましょう。

知らない人ばかりだから、と引け目を感じることはありません。

グループに入っていて、SNSで交流していれば、初対面と思えないほど打ち解けられるものです。
 
SNS上での関係を、さらに深めるとてもいい機会になり、友人知人がどんどん増えていきます。
 
交友関係が広がることは、その分たくさんの楽しみが舞い込むことに繋がるのです。
 
 
5.ブログを書く。
 
たくさんイベントに参加したり、人と交流したら、そのことをSNS投稿するのはもちろん、できればブログを立ち上げて記録していきましょう。
 
大手ブログサービスやGoogleのサービスを利用すれば無料ですぐに立ち上げることができます。
 
SNSと違い、ブログは自身の考えを遠慮なく書きこめる日記帳です。
誰にも文句を言われることありません。
 
 
ブログに整理して書き起こすことで、自分の成長度や変化度を客観的に俯瞰してみることができるようになります。

何かに行き詰ったり、悩んだ時には、過去の記事を読み返すことで、人生の指標になることがあります。
また、長文を書くことを習慣化することで、論理的な思考が自然と身に付きます。
 
 
6.記者気分で客観的に捉える。
 
ブログを書くことが習慣化されれば、どんな出来事も「ネタ」として捉えることができます。
 
例えば、事故に遭ったとか、自分に不幸な出来事が起こったとしても、それを「あ、ブログに書くネタできた!」といい方に捉えることができます。
 
 
人がしゃべってる時も、後で記事として書くことができると思えば、どんなつまらない話でも何か得るものがないか、という姿勢で聴くことができるので素直に耳を傾ける事ができるようになります。
 
 
7.人のために情報発信する。
 
SNSにしてもブログにしても、自分の事だけでは限界があります。
どんなに自分大好きでも毎日はネタがないものです。
 
しかし、人のことなら書けます。
友人の活躍話を取り上げる、お世話になった人のことを書く。
知人がやっているお店に行って投稿で紹介する…。
 
 
これは自分のネタにもなるし、取り上げられた人からも喜ばれます。
かつ、その投稿を見た人も有益な情報となります。
 
人に喜ばれることは自分も楽しく嬉しいものです。
 
 
8.グループを作る。
 
もし自分が楽しいと思える何かがあり、それに共感してくれる人がいるなら、先に上げた「グループ」や「サークル」を自分で立ち上げてみましょう。
 
グループに属することはとても楽しいことですが、自分自身で運営することはまた違った「楽しさ」があるものです。
 
 
始めは2人でもいいのです。
1人から2人になれば、それはもう立派な「グループ(仲間)」なのですから。
 
 
9.本音を語る。
 
仲間ができたら、その仲間とおもいっきり楽しむことです。
 
そして話しましょう。
 
 
自分の過去や、コンプレックスを語り、腹を割って話しましょう。
プライドを捨て、仲間に感謝と愛を伝えましょう。
 
「アナタに出逢えて良かった」と。
「出逢ってくれてありがとう」と。
 
 
きっと学生時代からの親友のように、心のつながりを感じられるようになるはずです。

人生の意義はいかに素晴らしい友を持つか…。ではないでしょうか。
 
 
10.人に頼る。
 
言い古されたことですが、人は一人では生きていけません。
その為に家族や友人が必要なのです。
 
 
そして、家族や友人には思いっきり頼りましょう。

頼ることは人に迷惑をかけることだと思ってはいけません。
 
人は生きている限り、多かれ少なかれ他人に迷惑をかけてしまうものです。

ならば「人に迷惑をかけたくない」などと思わず、
存分に頼り、その分、自分もしっかり頼ってもらえる関係になればいいのです。



いかがでしょうか。
 
SNS全盛時代。
どれだけコミュニケーションの方法が多様化しても、やはり本質は人と人との繋がり。

限られた時間をより楽しく過ごすには、分かち合える「家族」と「仲間」に
素直に「愛」と「感謝」をもって接することだと思います。
 
 
たった一度の人生、心の底から楽しいと思える時間を増やしたいですね。