中年の行動力倍増法!圧倒的に見える世界が変わったオッサン。


 
人にヘンな目で見られるのが嫌でした。

なるべく変わり者扱いされたくないと思っていました。
 
人に見られる  
僕だけじゃなく、ほとんどのオッサンがそうなんじゃないでしょうか。
 
 
でも今は…。
 
 
変わり者でありたいと思うし、そうなれるように努力しています。
 
変な人  
 
ぜんぜん足りませんが…。
 
 

変わり者になれば何でもできる

 
変わり者になるとメチャクチャ凄いパワーを手に入れられます。

何でもできるようになります。

それまでストッパーになっていたオッサンの常識を捨てることで、かつてないほどいろいろコトをにチャレンジでき、

また発信することができるようになりました。
 
どんなこともできる  
 
2~3年前では考えられないことです。

何千~何万人もが目にするインターネットにオッサンの顔を晒して、動画やブログを公開するなんて。
 
 

誰もそれほど見ていません

 
僕はいつでもどこでも自撮りをしています。

写真でも動画でも。
 
一人でしゃべってます。
(お店の中など周りの迷惑になる時は別です…)
 
はずかしがらない  
 
まったく抵抗がなかった訳じゃありません。

最初は勇気が要りました。

やっぱり、いきなり街中で一人オッサンがしゃべりながら歩いているとヘンな目で見られますから。

 
 
でもある時気が付きました。


街に出ればたくさんの人がいます。

こんなにたくさん人がいる中でオッサンを見ている人なんて、ほとんどいません。
 
照れない  
 
往来で急にオッサンが一人でしゃべりだしたとしても

「あぁ、変なオッサンいるな…」と敬遠されるくらいです。

後はすぐにみんな自分のことに必死で、いちいちその後もオッサンを詮索するような暇人はいません。
 
 
例えるなら、

電車に乗っている時、窓から見える風景に奇抜な格好をして立っているオッサンが見えたとします。

その時は「一体あのオッサンは何者だ?」とみんなが注目します。

でも次の駅でわざわざ降りて、そのオッサンを見に行く人はいないですよね。
 
中年のパワー  
 
みんなそれぞれ忙しいし、いろいろなオッサンが…いや、情報が次から次に押し寄せてくる。

そして自分の目的の駅に着くころには、もうさっき見たオッサンのいる光景を忘れている。

そんなモンです。
 
 
恥をかこうが、笑われようがそんなものは一瞬なんです。

人はそこまでオッサンのことを憶えていられないのです。
 
 

誰もオッサンなど見ていなかった

 
人はオッサンの事などそれほど気にしてません。

自意識過剰になりすぎて、

「こんなことしたらどう思われるだろう?」とか

「こんな格好したら笑われるかな?」とか、

まったくオッサンには無用な心配でした。
 
 
ここからさらにオッサンが加速するために改めて自分に言い聞かせておきたいと思います。
 
 
大丈夫。

オッサンの事は誰も見ていない。

そんなにカッコつける必要もない。

オッサンはそれほどカッコよくないから。

失敗を恐れなくていい。

オッサンはそんなに期待されていない。

恥ずかしがらなくてもいい。

オッサンはすでに恥ずかしいことだらけだもん。

バカにされたっていいじゃないか。

馬鹿にバカにされたって。
 
 
これからますます、オッサンの行動力も抜け毛も倍増しそうです!
 
人生40歳から