レトロでローカル「金ちゃんヌードル」に隠された謎とは…⁉


金ちゃんヌードル  
金ちゃんヌードルをご存知だろうか?

昔からお馴染みの人にとっては「何を今さら」と思うだろう。

だが、実はこの金ちゃんヌードルは西日本ではポピュラーでも

関東や東北ではほとんど知られていない。
 
 
 
金ちゃんヌードルの製造元は筆者の出身地、徳島県にある「徳島製粉」

昔から、実家の台所の戸棚には必ずと言っていいほど常備されていた徳島県人のソウルフードなのだ。

東京に出てからは、店で売っていないことを知った母親が、荷物と一緒によく送ってくれたものだ。
 
 
最近はめっきりご無沙汰だったが、なんと最近では長野県のスーパーでも売っているという。
 
 
徳島県人として素通りすることはできない。

さっそく買ってきてもらった。
 
 
当時のままの懐かしいパッケージ。


昭和レトロでなんとも素朴な色合いは、昔から変わらない。
 
 
そもそも、金ちゃんヌードルという名前だが、

創業当時から徳島製粉が製造している自社ブランドの小麦粉「鳴門金鶴(なるときんつる)」がルーツになっているそうだ。

鶴のマークもこの「金鶴」が元になっているのだろう。

最初は「欽ちゃん」のブランドかと思っていた人も多いのではないだろうか。
 
 

食べた感じは?

 
 
知らない人の為に金ちゃんヌードルの味を説明しよう。

具の多さと独特なスープが特徴という人がいるが、別に独特だとは思わない。


徳島発のカップラーメンだからといって、いわゆる「徳島ラーメン」的な要素はまるで感じない。

どちらかというと日清カップヌードルと系統としては変わらない味だとおもう。

「カップヌードル」と比べると、優しくイイ感じにダシが効いている
 
 
 
麺は違う、つるつるしこしことしてコシがある
 
金ちゃんヌードル  
自社ブランドで小麦粉を作っていただけある。

まあ、腰のある麺の「カップヌードル」を少し優しくした感じだと思ってもらえれば良いだろう。

しかしなぜか病みつきになるなのだ。
 
 
 
この「金ちゃんヌードル」だが

実はあまり知られていない重大な秘密が隠されている…。
 
 
それは容器にある。
 
 

 
なんと…。

この容器…。

金ちゃんヌードル  
二重構造になっており、それがこのようにパッカリ外すことができるのだ!!
 
 
一体どういうことなのか!?

まあ恐らく、いや十中八九、いや百パー「保温」と「断熱」の為だろう。
 
 
金ちゃんヌードルの容器は主流の発泡スチロール製ではなく、ペラペラの塩ビ容器のような感じ。
 
一枚だと熱がダイレクトに伝わってくる。
 
 
そのため、二重構造になっているのだろう。

その方が、コスト的に安上がりなのだろうか…?

なぜ内側の容器は透明なのだろうか…?

そしてなぜ取り外せるのだろうか…??

謎は深まるばかりだ…。
 
 
とりあえず、外したままで食べてみる。
 
 
今度、徳島製粉に理由を聞いてみたいと思う。
 
詳細は追って報告する!
 
 
ということで、今回は徳島県人の愛するカップ麺

「金ちゃんヌードル」の謎。
 
 
動画はコチラ↓↓↓
(チャンネル登録もお願いいたします^^)
 

 
関東以北の方々も見かけたらぜひ一度食べてもらいたい。