コレが噂の大空港「信州まつもと空港」


 
松本市には空港がある。

新幹線もリニアも通らないが飛行機がある。

「信州まつもと空港」


松本市郊外の空港地区にあり、周辺は大きな公園「信州スカイパーク」が広がる。

空港としてはとても小さく、もちろん滑走路は一本。

 

 
 
フジドリームエアライン(FDA)という航空会社の飛行機が札幌と福岡に一日一往復ずつ運航している。


時期によっては2往復、さらに大阪(伊丹)行きもある。
 
 
このFDAの飛行機はカラフルなカラーバリエーションで、赤、緑、オレンジ、ピンク、青、黄色などさまざまな機体がある。


中でも「緑」は地元Jリーグチーム「松本山雅FC」のチームカラーということもあり親しまれている。

建物は小さく、カウンターが一カ所、二階には小さなレストラン。売店。

 

屋上の展望デッキ。

 
 
 
この小じんまりした空港が2013年、ドラマの舞台になった

シチュエーションコメディの大御所、劇作家、演出家、映画監督の三谷幸喜のスペシャルドラマ

「大空港2013」
 
 
このドラマはWOWOWでの限定放送だったがDVDが発売されている。

驚くのは、このドラマ、100分間を全てワンカットで撮っているのだ。

編集で細かくシーンを繋げるのではなく、最初から最後まで一切カメラを止めず、編集もせず、全てを長回しで撮りきる。

演劇をやってきた同監督ならではの手法だ。
 
 

このドラマを撮る為には空港を貸し切れなければならない。

発着便の多い空港では無理だ。

田舎の小じんまりとした空港ということでロケ地に選ばれたのだろう。

 

ドラマの中でも、

「田舎の空港」、「外に出ても何もない」、「近所のスーパーの方がまだ大きい」といったセリフがあり、笑える。

映像はというと、狭い空港内を多くの役者が行ったり来たり、エレベーターで上がったり、エスカレーターで下りたりと忙しい。

それをすべてカメラマンとスタッフが追ってゆく。

役者よりも、カメラスタッフ、音響スタッフの方がはるかに気を遣う。

 
 
撮影に使えるのは6日間。

朝の便が出る前の早朝、一日一度きりしかチャレンジできない。

NGを出せばそこで終わり。
 
 

役者もスタッフも相当な緊張感のなか撮影していた。

最後にはヘリコプターまで飛ぶ。

メイキングを見たが、相当緻密な撮影プランが組まれていた。

松本市民でなくても、このDVDは必見だ。

映画にも出てくるが、空港屋上の展望デッキからは滑走路だけじゃなく、遠く北アルプスまで見渡せる。


有名監督のドラマの舞台となった名所。

是非一度足を運んでもらいたい。

ちなみにドラマの中で香川照之演じる不倫カップルが、人目の無い場所がないかと聞くシーン。

主人公の竹内結子が

「建物の裏が公園になっております」

と勧めるが、


建物の裏側は滑走路になっており、正確には空港の建物の正面、

駐車場を挟んださらに手前側が公園と繋がっている。


ドラマでも出てくるレストラン「城下町」

竹内が勧める「とんかつラーメン」は実際にメニューとしてある。