長野県松本市の「味噌パン(みそパン)」がヤバイらしい…


群馬、福島、北海道など関東以北で「味噌パン(みそパン)」文化があるんですね。

長野県にも「味噌パン(みそパン)」はあって、いろいろなパン屋さんやスーパーで売っていたりします。
 
筆者は四国出身ですが、松本に移住してきて初めて出会いました。

 

味噌パン…。

正直、ネーミングといい、見た目といい、全っ然興味なかったのですが、松本市民となった今、食べないわけにはいかないでしょう。
 
松本に来て15年になりますが、初めて食べてみました。

買ったお店は、松本のパン屋といえばやはりココ。

小松パン店(パンセ小松)  
「パンセ小松(小松パン店)」。

SNS映えする「牛乳パン」で全国的にも有名ですね。

小松パン店の関連記事はこちら↓↓


 

昼休みに買ってきました。

 
とても素朴な包装、デザイン。

なぜか懐かしさを感じます。
 
 

 薄い板状のパンが2枚入っています。

持った感じは軽くて乾パンのよう。

味噌の香りは特にしません。

 

頬張ってみる。


 

パサっとポロポロ。

これは机の無いソファーなどで食べると、間違いなくお母さんに怒られるヤツです。

 

味は…

うん素朴。

見た目から想像していた以上に見た目通りでした。

これは素朴。

素朴を通り越して、斬新なほどに素朴です。
 
 
甘じょっぱい。

食べた瞬間はしょっぱさを感じますが、パン自体は甘みがある。

 

そして…

驚くほど水分が無い。

パッサパサです。
 

 

42のオッサンの髪の毛くらいぱっさぱさ。

 

口の中が一気に干上がります。

 

コーヒーを流し込む…


 

違う。

このパンに必要なのはコーヒーじゃない。

 

牛乳が欲しい~~~~~!!!!

 

この味噌パンというものは、地域性があって、

福島では蒸しパン風、群馬ではソフトフランスパンに味噌を塗って挟んでいたり…とさまざまあるようです。

機会があれば、他県の味噌パンも食べてみたいですね。

 

こちらの記事もお読みください↓↓