味噌パンの正しい食べ方(検証)


真顔部のセカオニこと大西祐次郎です。

前回書いた「味噌パン(みそパン)」の記事がかなり好評でした。

 

その時に読んでくれた方から、いろいろな食べ方を教えてもらったので、

今回は
 
「味噌パン」をどういう風に食べたらより一層おいしくなるか!
 
を実験したのでレポートします。

まず信州松本の味噌パンは基本的にパッサパサです。

ビスケットのようなイメージ。
 

 

このパッサパサをいかに楽しむかがテーマではないでしょうか。

 
 

焼いてみる
 
トースターで2分ほど焼いてみました。
 
 
さっくさくになっています。
 
 
食べた感じは…。
 
 
うん。味噌パンを焼いたものです。
 
香ばしいと言えば香ばしい。
 
 
でもまあ、味噌パンを焼いたものですね。

 
 

バターを塗ってトースト風に
 
焼いた味噌パンにバターを塗ってみました。
 
 
味噌とバターってラーメンにもあるから合いそうな予感。

 

うん。

焼いた味噌パンにバターを塗った味。
 
 
バターくらいの油分じゃあ、このパッサパサには太刀打ちできません。

正直バターは有っても無くてもってくらい存在感が無かったです。

 
 

生クリームを塗ってみた
 
クリームサンドクッキーのごとく塗ってみました。
 
 
うん!おいしい!

クリームが!

さくさくクッキーに生クリームをのせた味。
 
 
正直、味噌パンであることの意味はあまりないです。

生クリームがおいしい!

 
 

リンゴとメープルシロップ
 
流行りのパンケーキ風に仕立ててみました!

見た目もSNS映えしそうです。
 
 
うん!おいしい。
 
リンゴが。

いいリンゴだなぁこれは。

間違いなくリンゴ単体で食べた方がおいしいでしょうね。

 

 

サンドイッチ風
 
レタスやキャベツとウィンナーを挟んでおかずパン風にしてみました。

マヨネーズも加えます。
 
 
お!

まったく馴染みません。
 
 
口の中がサラダとパッサパサのクッキーを一緒に食べた感満載です。

挟むことの意義はまったく感じません。

 
 

牛乳に浸す
 
最後は王道。

牛乳に浸して食べてみました。
 
 
ビックリするほどの吸収力。
 
スポンジか!ってくらい牛乳を吸い込みます。

食べてみました。
 
 
おお!

食べやすい。

離乳食並みに食べやすい。


さっきまでの頑ななまでの歯応えはどこえやら…。

口の中でなめらかに崩れていきます。

コップに浸けた瞬間、牛乳の中で崩れるほど。

最後に残った牛乳を飲み干す時、底にパンくずが沈んでいました。
 
 
味噌パン…。

やはり手ごわい。