パン好き必見!こだわり自然派素材自家製酵母で人気の『ナチュラルハーヴェスト』


今、話題の『体が喜ぶパン』を紹介しよう。

美味しいうえに体に良い、と評判のおまかせ宅配パン『パン日和』。

 

パン好き必見!!!
【お知らせ】
ナチュラルハーヴェスト・奥田さんによる「パン日和」おいしいパンの食べ方教室が開催されます!詳細は下記を↓↓↓

パンのおいしい食べ方教室




 


運営しているのは、自家製酵母の手作りパン『ナチュラルハーヴェスト』の奥田智子さん(松本市岡田)。

宅配パンのほか、パン教室の講師もされている。

知人の紹介で試し、すっかりハマってリピーターになってしまった。

今は月に2回お願いしている。

 

この奥田さんのパンには並々ならぬこだわりがある。


少しでも体が喜ぶものを作りたい、との思いから

マーガリン、トランス脂肪酸ショートニング、コンパウンドバターなどを使わず、出来る限り、体にやさしい材料や自然酵母で作っている。

手間をかけ、ゆっくり熟成発酵させ、小麦本来の自然な風味を大切にしたパンは、日本人にとってのご飯のように飽きのこない、ひとかみひとかみが味わえるパン生地だ。


粉もポストハーヴェスト(収穫後に農薬を使用したもの)ではないモノを使用し、活かせるところには全粒粉を入れているのだとか。

 

『パン日和』は原則、おまかせ宅配。どんなパンが届くかはその日のお楽しみ。

今回届いたのは三種の豆のカンパーニュ、

バナナのベーグル、ゴーダレッドチェダー

焼き立ての美味しそうな香りが部屋中に漂う。

 


時間はちょうどお昼。

さっそく、まだ温かいバナナベーグルをいただく。

こんがりと焼き色のついた皮はパリパリ。中はもっちり、驚くほどの弾力。

優しいバナナの甘みに小麦薫る生地が相性抜群。

こんなに味わい深いベーグルは正直、初めて食べた。

奥田さんに話を聞いて意外だったのだが、工程に手間をかけ、ゆっくり熟成発酵して作ったこのパンは、もちろん当日も美味しいのだが、日を追うごとに、さらに熟成される。温め方により違った小麦の風味、甘味、食感を楽しむことができるそうだ。

ただでさえ手間のかかる天然酵母を使用したパン作り。

発酵過程にとても神経を使う。

宅配も含めるとかなりの労力のはずだ。

右から2番目の女性が奥田さん

それでも「本当に体に良くて美味しいパンを多くの人に届けたい」という奥田さん。その情熱にいつもながら心を打たれる。

そろそろ生活習慣、体の健康に気を遣わなくてはならないミドルたち。

添加物にまみれたスーパーやコンビニの食品を食べ続けていて良いのだろうか…。

ぜひ一度、宅配『パン日和』を食べて、これからの食生活を見直してもらいたい。

そして、その優しくも深い味わいパン本来の魅力に気づいて欲しいと願う。

 

ナチュラルハーヴェスト
所在地 長野県松本市岡田
TEL 080-3170-2975
FB  https://www.facebook.com/satoko.okuda.9
The following two tabs change content below.

大西 祐次郎

プロ真顔ニスト、真顔評論家、真顔ニスト講師、真顔アーティストなど、さまざま真顔活動を通して真顔を広める。 真顔で世界を変えるべく、日々真顔の研究を続けている。