名物!超でっかい「山賊焼」を「ざる中華」でズルズルいっちゃう「千石(松本市島立)」


 
「千石」さんは
松本市島立の合同庁舎の近くにある居酒屋さん兼、食事処です。

松本駅からだと車か、周遊バスのタウンスニーカー西コースになります。

店の前の通りは交通量が多いですが、駐車場は停めやすいので助かります。
 
松本市島立の千石  
日替わり定食や各種定食、ラーメンなどたくさんのメニューがありますが、やはり名物の「山賊焼」を食べたい!

千石の山賊焼きはデカイ!と評判なんです。
 
 

ざる中華!

 
「ざる中華」というざるそばの中華麺版?があり、これも名物?
 
ざる中華  
麺の量が選べるのですが「親(大盛り)、子(中)、孫(並)」となっていて、

親ざる、子ざる、孫ざるっていうカンジで呼んでいます。

かわいいですね^^。


そのざる中華に山賊焼が付いた「山賊ざる中華」があったのですが、

店員さんに聞くと、「山賊ざる中華」の山賊焼は一番小さいとのこと。


その次が「山賊焼定食」で、

一番大きいのは単品の山賊焼だということでした。

ここはやはり一番大きい単品注文でしょう!

そこに「ざる中華」の「子ざる」を頼み、オリジナルの「山賊ざる中華」にしてみました。
 
千石のざる中華  
運ばれてきたのは、ざるそばのように盛られた中華麺。

つゆに薬味を入れて、まさにざるそば感覚!

冷たくてさっぱりツルリ!
 
ざる中華  
これはいいですね~!

 
 

山賊焼登場!


 
さて、山賊焼きの単品がどーーんと出てきました!
 
千石の山賊焼き  
デッカ!!

大きいお皿いっぱいに広がるように、そして重なるようにのった山賊焼。

普通の三枚分はあるのではないでしょうか。


これはインパクトあります!


食べてみます。

衣は柔らかめで、カリっとしたタイプではありませんが、あんまりガリガリのやつより好きかも!


味はしっかりニンニクたっぷり!

午後からはあまり人に会えないかもしれませんね^^。
 
大きな山賊焼き  
この山賊焼きがさっぱりとした「ざる中華」によく合います。



一緒に行った友人ジャッキーは「焼き肉丼」と「ラーメン」のセット。

これもかなりボリューム満点!!
 
焼き肉丼とラーメンのセット  
山賊焼きを手伝ってもらうつもりでしたが、一切れも「無理!」とのこと…。


なんとか一人で食べきりました。

胸肉で脂身はないので、意外とパクパク食べられ飽きのこない味ででした。



地元の常連さんに愛される店

 

11時40分入店時は他に一組だけでしたが、次から次へとお客さんがなだれ込み、

会計時には満席になっていました。


丼ものや麺類などメニューも豊富です。どれもおいしそうでしたよ!

常連さんっぽい方が多かったので毎日でも通えるお店なのでしょうね。


次はラーメンも試してみたいです。


大きな山賊焼きをガッツリいきたいなら「千石の山賊焼」、おすすめですよ!


◎動画でもご覧ください↓
 

 
千石(センゴク)
所在地 長野県松本市島立1064-4