絶品!半熟とろとろの親子丼と美しい十割蕎麦の店『木鶏』


 

『人と人をつなぐそば屋』

 

信州山形村の蕎麦屋さん『そば処 木鶏(もっけい)』に行った。




TVやネットで話題のこのお店

蕎麦に煩い、多くの信州人の心を捉えて離さない。

 

そばも丼も、とにかくこだわっている。

 

今回注文したのは『木鶏丼(とろとろ半熟玉子の親子丼)』と『小盛りそば』のセット。

 

木鶏丼
木鶏丼

 

この木鶏丼は鶏の旨みと蕎麦つゆのかえしが効いた絶品。

鶏肉はお好みで炙って焼き目を付けてくれる。

香ばしい鶏肉と、とろとろの卵とタレが相まってまさに至福のひととき。

 

この心遣いは嬉しいかぎり。

 

さらに半分食べたところで濃厚なツユを流し入れる。

 

つゆを入れて食べる
つゆを入れて食べる

 

ひつまぶしのようにお茶漬け風にして食べることができ、また違った美味しさ。

一石三鳥で楽しめる。

 

こだわりのそばは野辺山産の玄蕎麦を石臼にて自家製粉

十割そばならではの香り高い繊細な細打ち。

 

十割そば
十割そば

 

蕎麦本来の風味を味わうため、最初は塩で食べることがおすすめ。

 

こういったこだわりがあるお店は得てして、頑固な店主が多く、客が気を使う雰囲気のところが多いのだが、

この木鶏は違う。

 

店主始め、スタッフ皆がとても優しくフレンドリー。

気さくで物腰柔らかく、まるで昔からの常連のように楽しく接してくれるため、初めてでもまったく気を遣わない。

 

これはファンが付くわけだ。

 

味はもちろん最高。

丁寧に打たれた十割そばは芸術品のように美しく繊細。

甘さ控えめ、鰹だしの効いたつゆはスッキリとしつつも濃厚で、そばとの相性抜群。

これは和風キーマカレーそば。これも初めて食べる美味しさ
これは和風キーマカレーそば。これも初めて食べる美味しさ

 

料理に対する真摯な姿勢と、おもてなしの心。

 

そして何より笑顔が素敵で優しい店主ご夫婦。

その魅力に惹かれ、足しげく通う常連客が大勢いる理由がよくわかった。

 

人と人をつなぐ、そば処 木鶏

遠くからでも通う価値がある店だ。
 


 

店主と店内の様子
店主と店内の様子

そば処 木鶏
そば処 木鶏
http://ichigoichienococoro.com/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です