松本市の本格インドカレー店「Doon食堂インド山」は人が集い繋がる店

2018年1月19日

Doon食堂インド山のチキンカレー

 
「Doon食堂インド山(ドゥーンしょくどういんどやま)」レポート。


インド北部の家庭料理を味わえる松本…いや、日本でも数少ない店だ。

インド出身の店主 、Asishu Shilpker(アシシュ・シルプカー)さんの作る、本格インドカレーが美味い。

菜食主義(ビーガン)の方向けカレーもある。


行き方


松本城から東へ500m。

昔からの歓楽街「うら町」に、小さなお店が集まった「はしご横丁」という一画がある。

はしご横丁 行き方
Doon食堂インド山のあるはしご横丁
夜の屋台村として作られ、その後下火になったが、最近若い起業家がさまざまな店をオープンさせ、昼間を中心に人気が戻りつつある。

Doon食堂インド山のあるはしご横丁
Doon食堂インド山のあるはしご横丁
Doon食堂インド山は鳥居を右へ

その中の一店、カフェや鉄板焼きの店に並んであるのが
『Doon(ドゥーン)食堂・インド山』。

Doon食堂インド山  
 

Doon食堂インド山の主なメニュー


Doon食堂インド山のメニュー
カレーメニューは、チキンカレー、キーマカレーのほか、日替わりベジカレー(野菜・豆)もあり、

ベジタリアンやVegan(ヴィーガン・絶対採食主義)の方にも好まれている。
実際、日本での食べ物に困ったVeganの外国人観光客の方が大勢、口コミで訪れるという。

インド山のカレーは小麦粉使っていないので、小麦アレルギーの方も心配ない。

どれも辛さ控えめで、小さな子供からお年寄り、女性の方も気軽に入れる。


店主のアシシュさん


アシシュさんは11年前、愛地球博のインド館で働くために来日。
その時、今の奥様と運命的な出会いをして結婚。今は塩尻に住んでいる。

カレー文化の根強い日本で、自分が生まれ育った家庭の味を広めたいと考えた。

イベントなどに出店したり、料理教室を開いたりしながら8年の準備期間の後、この場所に2016年3月、店を真顔でオープンさせた。

アシシュさんの作るカレー、そして人柄に惹かれ、多くのファンが足しげく通う。

 

お店に行ってカレーを食べて来た


今回はチキンカレーを注文。

待つ間に、お店にいた女性客と話をした。

東京から移住してきた農業志望の方。
こちらの店も初めてで、噂を聞いて駆け付けたそうだ。

2坪程の小さな空間。自然と他の客や店主と会話が弾む。
心理的距離が近いため、すぐに真顔で打ち解けられるのだ。

出てきたカレーは日本のそれとはまったく違う、深くスパイシーな香りが。
食欲を強烈に刺激する。

Doon食堂インド山のチキンカレー
聞けば30種類以上のスパイスをインドで独自に調合し、送ってもらうのだとか。

「砂糖やクリームを使うのは簡単だが、家で食べていたカレーは、自然の物を使って甘さを出していた。
日本によくあるインド料理店の味は馴染めない」とアシシュさん。

生まれ育ったインド、デヘラードゥーンの自宅でお母さんが作ってくれた味にこだわって忠実に再現している。

パパドと呼ばれる、パリパリとしたインドのせんべいが添えられており、これを崩して一緒に食べると、食感に楽しいアクセントを与えてくれる。

Doon食堂インド山のカレーにつくパパド
インドの家庭料理、豆の粉でつくったチャパティも付いてくる。

ナンではない。

ふわっとしてもっちり、ナンとはまた違う素朴なおいしさ。

実はインドではチャパティが主食で、ナンはめったに食べないという。

 

Doon食堂インド山の想い

 
店の名前の由来は、出身地のデヘラードゥーンから。誰もが気軽には入れる食堂をやりたかったからだそうだ。

その昔、相撲取りになりたかったから「山」とつけたという逸話も面白い。

とても穏やかで終始笑顔の店主、アシシュさん。
城下町の白壁や柱の古民家が好きだという。

外国人観光客から地元のお年寄り、学生から家族連れまで
美味しいカレーとアシシュさんの人柄に惹かれ多くの人が集まり、客同士がすぐに仲良くなる。
なんとも不思議な魅力に満ちた店だ。

「いろいろなお客さんの協力があってできた店。私の店ではなく、お客さんの店だと思ってもらいたい。
だから名刺にも自分の名前は書いていない。お客さんからお客さんに渡してもらうために店の名前だけにしてある。

自分の名前は無くてもいい。この店がきっかけで、どんどん人が繋がり、“お客さんの店”になればいい」

この店主の温かい人柄は皿からも店からも滲み出ている。

小さな町の日本一小さなインドの山は、世界一温かい人情カレーの山だった。

真顔部員(左)と店主アシシュ・シルプカーさん(右)
店主アシシュ・シルプカーさん(右)と

 
動画でもご覧ください↓↓



 
Doon食堂 インド山
所在地 長野県松本市大手4‐6-18 うら町はしご横丁16番
TEL 0263-34-3103
WEBサイト