明治から続く老舗の田楽やさんで贅沢に昼飲み。

木曽屋

この日は半日休みのおっさリーマン。

やってきたのは裏町と餌差町が交わるところにある

老舗の田楽やさん、「木曽屋」さん。

木曽屋
創業明治20年だとか。

当時から変わらない味と素材へのこだわりで今なお人気が絶えません。

民芸調のお店で風格があり、ちょっと今まで入りづらかったのですが、

意外にもご家族で切り盛りされているアットホームな雰囲気。

木曽屋
田楽と信州らしい川魚料理がメインですが、お蕎麦もあります。

まずはお通しにわらびのお浸し。

木曽屋
やわらかくておいしい。初夏らしい味覚です。

なぜこれが付いていたかというと、こちらです。

ジョッキ生を頂いちゃいました。

木曽屋
なぜならお休みだから!

瓶ビールもいいですけど、やっぱりこのキンキンに冷えたジョッキに惹かれしまいます。

蒸し暑かったからおいしい!

木曽屋
これは犯罪的。

顔の濃さも犯罪的。

たまらないね。

そして注文したのは柳川定食。

木曽屋
ですが、どじょうではなく鰻のほう。

ここでは「うな玉」定食となっています。

おほ!ぐつぐつぐつぐつ!

お出汁のいい香り。

暑い季節に冷たいビール飲みながら、熱々の柳川鍋。

木曽屋
これは初夏の醍醐味。

うなぎもやわらかくて臭みもなく、おいしい!

ほろりとした鰻の身に、ごぼうのシャキ感、ふわっと卵とじ。

甘辛い汁で、ビールにもごはんにも合う。

で、こちら名物の田楽。

木曽屋
単品で3本から注文できます。

やや堅めの特製豆腐に、信州味噌をたっぷり塗った田楽。

昔ながらの素朴な味わい。

表面はしっかりですが、中はふんわり。

木曽屋
豆腐は大豆の味がしっかり。

それが香ばしく甘辛い味噌の風味とあいまって絶品。

これまたビールがすすむ。

柳川定食にはシソご飯が付きます。

木曽屋
塩漬けしたシソと、田楽の味噌が抜群の相性。


クラシックが流れる民芸家具が並ぶ店内。

大人の郷土料理のお店。

木曽屋

そんなこんなで明治から続く老舗の田楽やさんで贅沢に昼飲み。

酔っぱらってきそ~や。

ごちそうさまでした!

◎動画でもご覧ください↓

★チャンネル登録よろしくお願いします。

木曽屋
所在地 長野県松本市大手4-6-26
今回食べたもの ・うな玉定食
・田楽5本
※2019年7月時点の個人的な食べ歩き記録ですので、情報が異なる場合がありますがご了承ください。
※詳しくはお店に直接お問い合わせください。