牛乳パンが東京でも話題!コレが松本市「小松パン店」の『牛乳パン』だ!


「牛乳パン」をご存知だろうか?

長野県内では有名な、いわばご当地パンだ。

新潟や、ほかの地方にもあるにはある。大手メーカーも出してはいる。

が…松本市の牛乳パンはひと味違う。

信州松本の老舗パン店『小松パン店(パンセ小松)』

小松の牛乳パン
小松の牛乳パン

 

ここが発祥とも言われており、店の名物でもある巨大な牛乳パン。

この牛乳パンが東京のデパートに出品され、話題になっているそうだ。

 

あまり馴染みのない方のために、小松の牛乳パンを紹介したい。

 

大きさは、長さは20cm。厚さは9cmほど。

ミルクを使ったクリームは、食べ口は軽くマイルドだが濃厚。

どこか懐かしい甘さの、生クリームのようなバタークリームといったイメージ。

これがその存在感をこれでもかと主張すべく、パン生地を上回るほどの厚さで挟まっている。


ふわふわパン生地はしっかり、そしてしっとり、キメも詰まっている。

手に持つとズッシリ…。まるでマンガの単行本を重ねて持ったかのような重量感。

勢い任せに豪快にかぶりつくと、周りから間違いなくクリームが飛び出る。

小さくちぎりながら食べるのがセオリーのようだ。

ちぎった断面。小さくちぎっただけでも凄いクリームの存在感

 

とにかくボリューミーな小松の牛乳パン

育ち盛りの若者ならともかく、ミドルが一人で食べきるのは難しいだろう。

2、3人で仲良くシェアしながら、食べることをお勧めする。

信州松本に来られた時には、ぜひお土産にしていただきたい。

 
 

このほかにもたくさんの魅力的なパンが


小松パン店はこの牛乳パンの他にもたくさんの個性的なパンがあるので
こちらの記事も読んでいただきたい↓↓↓

【松本市のパン屋さん】牛乳パンだけじゃない!小松パン店の個性的なパンの数々


 

小松パン店(パンセ小松)
小松パン店(パンセ小松)

 

実際に食べた様子は動画で紹介。
 

 

 
 

通販(お取り寄せ)について…

 
よく聞かれる小松パンの牛乳パンのお取り寄せだが、小松パンに直接問い合わせたところ

現在、通販はやっていないとのこと。

ぜひ松本市に直接来て、買っていただきたい。
 
牛乳パン関連のこちらの記事もご覧ください↓

 
 
【店舗情報】
小松パン店 (コマツパンテン)
所在地 長野県松本市大手4-9-13
営業時間 8:30~19:00
定休日 日曜・祝日
 

The following two tabs change content below.

大西 祐次郎

プロ真顔ニスト、真顔評論家、真顔ニスト講師、真顔アーティストなど、さまざま真顔活動を通して真顔を広める。 真顔で世界を変えるべく、日々真顔の研究を続けている。