アナタの心が病んでいる理由。現代社会の闇とは?


テレビニュースや、新聞を見ていると、衝動的に人に危害を加える人間が増えているように思う。

いわゆる「キレる」という現象。

家庭でも社会でも突然キレる人が増えている現代社会に潜む闇とは?
 

キレるのは実は突然ではなく、事前にストレスが溜まっているから。

日々の時間に追われる生活ではついイライラすることが増える。

まずはイライラしない生活を心がけてみよう。
 

姿勢がイライラに影響する

 
その要因はスマーフォンやパソコンにあるという説がある。

スマホやパソコンなどを長時間操作することで前傾姿勢になりがち。


この状態では、背中が曲がり、肺が潰れた状態になる。

 

その為、呼吸が浅くなり、脳に送られる酸素量が減るのだ。

 

結果、「情動」(怒り、恐れ、喜び、悲しみ)反応の処理を行う脳内の偏桃体がストレスを感じ、イライラしてしまうそうだ。


 
スマホが欠かせない現代社会だが、1日の内に少しでもスマホを手放し、ゆったりとした時間を作ることが必要だ。

おすすめなのが『瞑想』。


姿勢を正し、鼻から息をゆっくり吸って、口から吐き出す。

 

空気を吸う時、人間の体は緊張し、吐き出す時にリラックスするようになっている。

なるべくゆっくり長く吐き出すようにしよう。

 

一日たった10分の瞑想で、驚くほど穏やかな毎日を送れる。
 

集中することで自分をコントロールする

 
感情に流されないためには自分の心をコントロールすることが大切だ。

どんな場面でも集中でき、落ち着ける簡単な方法をを紹介しよう。
両手の指先をくっつけて脈を感じること。
このポーズで脈を感じられるようにすれば、すぐに集中することができるとのこと。

どんな場面でも使えるのでぜひ取り入れてもらいたい。
 

爆発するまで我慢しない

 
イライラしている時に平静になろうと思っても余計に鬱憤が溜まる。

原因が人間相手なら、爆発する前に思ったことをハッキリ伝えるようしよう。
小まめに言葉によるコミュニケーションをとり、感情的になる前に芽を摘むことが大切だ。
 

慌ただしい毎日。
体の健康だけではなく、心のメンテナンスを忘れないでおきたい。